人類初の月面着陸の際、宇宙飛行士と共に月面に降り立った腕時計のオメガは歴史に刻まれています

宇宙開発が有名にしたオメガの時計

NAVIGATION
サイト内検索(by Google)

初めて月面に降り立った腕時計はオメガです

アメリカの国家プロジェクトとして、あまりにも有名な「アポロ計画」人類初の月面着陸の達成の際、その宇宙飛行士が装着していた腕時計は欧州スイスのオメガスピードマスターであったことは周知のことです。この有名なスピードスターについて、そのベースとなった腕時計が同社のシーマスター・クロノグラフであったことはあまり知られてはおりません。そこで、その成り立ちや、その他のオメガ製腕時計について調べてみました。

1969年、人類初の月面着陸と同時に月に降り立った最初の腕時計としてあまりにも有名なオメガスピードスター。この時計のベースとなったものは、同社のシーマスター・クロノグラフで採用されている手巻きキャリパーで、その証として、スピードスターの裏蓋にはシーホースが刻まれています。スピードマスターは1957年に名付けられた名称で、その後、アメリカ航空宇宙局に正式採用されスピードマスター・プロフェショナルと改称、内部のキャリパーも変更されながら現在に至っています。多重ケースで保護された大変堅固な造りの上、使いやすいクロノグラフ機能を持つ時計として有名ですが、唯一の弱点は、その構造上、防水性が期待出来ない点が挙げられます。現在でも、大変な人気を誇るこのスピードスターに限ったことではありませんが、言わば、本当のプロフェショナルが使用することで、その機能を十分に使えるグッズをビジネスシーンで着用する傾向は、あまりにTPOを考えていないと感じます。むしろ、普段のビジネスシーンであれば、同社のコンステレーションやデ・ビルの方がより相応しく、できる男としての演出には合っていると感じます。

イチオシサイト

Copyright (C)2017宇宙開発が有名にしたオメガの時計.All rights reserved.